読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松のはてな

月1更新です。

11種類の餃子を楽しめる!友人を連れて行くなら浜松餃子の名店「浜太郎」で間違いなし!

f:id:hamamatsuwriter:20170417174719j:plain

 

さっぱりじゅーしーな餃子が食べたい!!

初めて浜松餃子を食べる人におすすめしたいのが、浜太郎の餃子。マツコの知らない世界を初め、様々なメディアに取り上げられている浜松餃子の有名店です。

 

餃子の種類が豊富で、しかもグランプリまで受賞しています。餃子のたれもミックスできて、楽しみ方が豊富。

浜松で餃子を食べるなら、浜太郎がおすすめです!

浜松餃子とは?

まずは、浜松餃子の定義についてご紹介。

浜松餃子を一言で表す定義は、『浜松市内で製造されている事』です。現在では、この定義をよりピュアにする為に、『3年以上浜松に在住して』という条件を付加しました。が、つまる所、浜松で作られている事が重要で、それが特徴と結び付くのです。

浜松餃子学会か引用

浜松に3年以上定住しているお店が浜松餃子になるみたいですね。実際定義ではありませんが、特徴は以下の通りです。

・円型焼き

浜松の餃子といえば、円盤のように餃子を並べた様子をよく目にしますが、その形になっているのには理由があります。昔々、お店を出す資金がなかったお店が屋台を出し始めました。しかし、餃子を焼くには時間がかかります。

味が評判になった餃子の屋台では、押し寄せるお客さんに対応する為には、一度に多くの餃子を焼く必要が有りました。そこで考え出されたのが、円形に並べて焼くことだったのです。

浜松餃子学会か引用

効率重視のために今の形になったようです。

 

・もやし

浜松餃子は、もやしが必ず乗っています。もやしは、餃子の油をリセットしてくれる大切な存在です。あっさりしてて、しゃきしゃき。餃子とは正反対の味と食感ですが、これが餃子にまた合うんです。

 

浜松の餃子の名店「浜太郎」

f:id:hamamatsuwriter:20170417181126j:plain

 今回行ったのは、浜太郎小池町店。市野のイオンから車で5分ほどの距離にあります。

前々から名前は知っていたのですが、グランプリ受賞という看板を見るたびに、ミーハーになりたくない自分がいて、避けていました。

 

f:id:hamamatsuwriter:20170417181507j:plain

基本お持ち帰りですが、店内でも食べられます。カウンターが4席とテーブルが2席です。

おすすめは、カウンター席。餃子を目の前で焼いてくれるので、見ているだけで楽しい。

 

f:id:hamamatsuwriter:20170417181656j:plain

浜太郎をおすすめする理由は、餃子の種類が豊富なところ。こだわりが強いところだと1種類とかですもんね。地元の人ならそれでもいいけど、観光で来ている人には色々な種類を食べてもらいたいです。

今回は、ニンニクなしの白餃子、お肉が詰まった赤餃子、水餃子、ぷりぷり桜エビ餃子の4種類を注文しました。 

店内の餃子の匂いにノックダウン寸前。 

口の中で広がるキャベツの旨味とジューシーな肉汁

f:id:hamamatsuwriter:20170417182211j:plain

赤餃子、白餃子、ぷりぷり桜エビ餃子がきましたよ!表面パリパリ。羽が付いている!(6個だと円形にはならないみたいです)

f:id:hamamatsuwriter:20170417182400j:plain

そして、その餃子をいただくのが、餃子のたれ!この浜太郎は、酢醤油、ラー油、ゴマだれ、ゆず胡椒をミックスして食べるようです。

 

こんなの初めてだぞ!!!

肉汁たっぷり赤餃子

f:id:hamamatsuwriter:20170417182605j:plain

国産100%の厳選野菜、そして地元の新鮮な浜名湖そだちを使った絶品餃子。

口の中で広がる肉汁が、ご飯との相性抜群。しかし、野菜が多いためくどすぎず、箸が止まらぬ燃え上がるうまさ!

 

そして、もやしと合うわ!!これこれ、これだよ!一本!

 

酢醤油+ゆず胡椒、酢醤油+ラー油と相性抜群。

 

さっぱり浜松ライクな餃子

f:id:hamamatsuwriter:20170417182853j:plain

にんにくが入っていないため、味のインパクトが抑えめ。ただ、このさっぱり感こそ、浜松餃子の真髄。何個でも食べられる無限ループに陥るのです。普通に15個〜20個はいけます。

酢醤油+ゆず胡椒、酢醤油+ラー油、ラー油+ゴマだれ、すべて相性いいです。

 

ニンニクを避けたい人には、間違いなくこれ。

グランプリを受賞したぷりぷり桜エビ餃子

f:id:hamamatsuwriter:20170417183448j:plain

これが、グランプリを受賞した例の餃子。桜エビが有名な静岡の由比で取れた新鮮な桜エビを使った一品。創作系餃子はあまり好きではないのですが、これは美味しかった。

なにより、桜エビの香りとシソの香りがきいていて、女の子は絶対喜ぶ。

 

酢醤油+ゆず胡椒、酢醤油+ラー油と相性よかったです。

 

さっぱりの王道水餃子

f:id:hamamatsuwriter:20170417184202j:plain

餃子と言えども、焼き餃子と水餃子があります。中国や台湾では、水餃子が一般的なのですが、日本ではなぜか焼き餃子が一般的であまり食べたことがない人もいるのではないでしょうか。

でもね、水餃子は油で焼いていない分、ニンニクや素材の味を感じられる餃子なんですよ。いわば、素材の味がわかってしまうので、ほんとうの餃子の味がわかると勝手に思っています。

浜太郎の水餃子は、とても美味しかったです。お肉の臭みも感じないし、酢醤油につけて食べるくらいがちょうどいい。

 

個人的には、赤餃子が一番おしかった

全部で4種類を食べましたが、個人的には赤餃子がおいしかった。今回はビールのめなかったけど、ビールと相性も良さそうです。

もちろんお持ち帰りもあるよ

f:id:hamamatsuwriter:20170417184647j:plain

基本持ち帰りで餃子を食べる浜松人。もちろん、お持ち帰りもあります。冷凍なら、全国発送までしているようです。

友人連れて来るなら浜太郎がおすすめ

f:id:hamamatsuwriter:20170417185023j:plain

以上、浜太郎をおすすめしました。浜松で友人を連れて行くなら、浜太郎がおすすめです!ご飯セットでも一人、1000円くらいで食べられるのでリーズナブル。

ぱりぱりジューシーな餃子を召し上がれ〜!

 

おすすめしたお店

浜太郎

www.hamatarou.jp

半田山、小池町、細江にお店があります。