浜松のはてな

快適で楽しい浜松生活を!

流されたらほぼ助からない?遠州灘で地元民が気をつけていること

f:id:hamamatsuwriter:20161001105156p:plain

こんにちは、浜松在住ライターのしまけんです。

サーフィンや釣りで有名な遠州灘。太平洋に面する静岡県御前崎から愛知県伊良湖岬まで110キロあります。

日本最大の砂浜地帯でもあり、中田島砂丘は有名な観光スポットですよね。

最近は、NHKのとと姉ちゃんの舞台となり、名前を聞いたことがある人もいるかもしれません。綺麗な海と心地よい風。夏になったら泳ぎたくなります。

しかし、遠州灘で泳ぐ地元民は1人もいません。だって、遊泳禁止ですから!

流れが早く、流されたらほぼ陸に戻れないことを、地元民は知っています。

その事を知らない外国人や観光客が、毎年流されニュースになります。

「またかよ〜。波見りゃ入ったらヤバいってわかるよねー」と思ってしまいますが、海に慣れていない人からするとそうでもないようです。

遠州灘を楽しむためにも、地元民が気をつけている3つの注意点を紹介します。

 

遠州灘で地元民が気をつけていること

1.波が高い 

 穏やかに見えますが、そんな時こそ注意が必要。遠州灘は、波が高いことで知られています。普通に、2〜3mの波がきます。ひょえ〜。

「数回に一回は大きな波が来る。遠くの波の動きを見てなさい」と、私は教えられました。

波は沖から徐々にやってくるので、遠くを常に注意しておく必要があります。

遠くの波を見ていて、目の前の波を見忘れるということはあってはなりませんが。

 

2.突然深くなる

波は、風によって生まれますが、波の動きによって砂が隆起し、海中に段差ができます。そのため、水で見えにくいですが、突然水深が深くなります。

いきなりズボッと頭の先まで入ってしまうこともあるので、怖いですよー。

それを知らずに海に入っていくと、足場を失い海に引き込まれてしまうことがあります。

釣りをしてる人は海に浸かりながらルアーを投げていますが、どこまで行ったら危険かわかっています。一緒に魚を捕まえに海に入るのは、やめておきましょう。

 

3.離岸流が強烈

波は、沖から岸可に向かって流れてきますが、海の中では別の流れがあります。

一番気をつけないといけないのが、離岸流。

 

離岸流とは、川のようになって沖へ戻る流れ -海洋保安庁-

 

下の図を見て下さい。 沖へ向かって流れているのが離岸流です。

f:id:hamamatsuwriter:20161001114300j:plain

 この流れに乗ってしまうと、波に飲み込まれ一瞬で沖へ流されてしまいます。一定の間隔であり、流されたら助かる方法はほぼありません。

もし流された場合は、波の流れに逆らってはいけません。

そのまま流されるか、横へ泳いで離岸流から外れるかです。ただ、波もあるため、泳ぎが得意な人であっても至難の業でしょう。

離岸流に入らないためにも、遠州灘ではなるべく海に近づかないことが身を守る方法です。

 

美しい絶景が広がる

海や山は、軽い気持ちで行くと、痛い目にあうことがあります。

しかし、遠州灘は美しい。空気もきれいで、心が浄化されるよう。

浜松で、遠州灘を観光するなら中田島砂丘がいいですよ。大きな砂丘もあるし、ウミガメもいるし。写真を撮りたい人は、夕焼けの時間帯がおすすめ。

f:id:hamamatsuwriter:20161001115522j:plain

 

f:id:hamamatsuwriter:20161001115743j:plain

 

f:id:hamamatsuwriter:20161001120042j:plain

 

以上、遠州灘で地元民が気をつけていることでした!

 

こちらの記事も読まれてます。

hamamatsuwriter.hatenablog.com